本日もTetsuya Wine Selectionsのブログにお越しいただきましてありがとうございます。

「推しに会いに行く」

そんなセリフを生涯で一度は使ってみたいアラフォーワーママてつみです。

 

笑。

 

誰か推し情報でも教えてあげてくださいませ。

 

いやいやいや、もっと必要な情報があるでしょうね。

恐縮です。

 

 

 

さて

ご縁あって、検索からたどり着いてくださいましたお客様に、すでにこの時点で、誤解があるといけませんので

このブログを簡単に説明いたしますね。

 

このレシピブログは「ワインしかない」ソムリエエクセレンスの鐵屋(通称エクセレンス)が、家庭料理とワインのペアリングを真剣にやっていくブログです。

ここでいう家庭料理とは、共働きの我が家のリアルな食卓を基準とした

スーパーで買える食材で簡単に作れる自炊、もちろん冷凍食品や総菜、コストコデリ、ファストフード、プチ贅沢なお取り寄席、コンビニのスイーツまで

使えるものを上手に使う「リアル」なおうちごはんです。

そんな「リアル」な家庭での食文化に、気軽なのに実は、さらりと上質なワインをペアリングして、一気に人生における食経験を豊にし、あなたがこっそりドヤ顔できるようにペアリングのポイントをお伝えできればと思っています。

 

そう、リアリティ追求型の「家庭料理とワインのペアリング」ブログです。

共働きなので、毎日の投稿はハードルが高いのですが

目標はみなさまの「今日何食べよう」の参考になれることと

「ワインは高いから失敗したくない」と考えて一歩踏み出せない方や

「何と合わせてよいのかわからない」という方まで

 

ワインという一般的に高いハードルを目一杯さげていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

それと、当店ではいわゆる「激安」とか「安旨」というカテゴリでのワイン販売はいたしておりません。

小さなワインショップですので、本当に「造りの良い」「状態(保管や流通もふくめて)の良い」ワインを厳選し、

他と価格比較しても十分にご納得いく価格で販売いたしますので、是非精査くださいませw

もちろんセレクションのポイントは「家庭料理に寄り添う」飲み心地のよいワイン!です。

 

===================

 

本日は、月末ということもあり、しびれを効かせて(何に!?笑)

とうとうコストコデリ、買っちゃいました。

しかも、大人しか食べないデリ・・・

 

量的にも珍しく、ちょうどいいパックだったのと

何よりも完全に

 

見た目に心奪われました

 

完全に好みのデリだったんです

 

実際、美味しいかどうかなんてたべてみないとわからないのに

 

ちょっとその外面に、財布の紐が緩くなりまして

 

 

そういうこと!

 

早速、いってみよ!

コストコデリ、セビーチェ

税込み1580円

700g

 

なかなかのスペックです。

そして私が心奪われた、見た目がこちら

 

魚介類はコストコの十八番の海老にアトランティックサーモン、野菜にセロリに赤玉ねぎ、シーアスパラガス、

 

そしてそして

 

マンゴー!!

 

なかなか、魚介のマリネやサラダに、マンゴーを加えるなんてそんな贅沢なこと・・・

 

しちゃてるしw(コストコだな~

 

ペルーのセビーチェの味付けは、とてもシンプルで、レモン、オイル、塩コショウ、にんにく、スパイスとか青唐辛子のようなんですが、もちろんコストコデリなので、セビーチェソースも・・・

 

ちゃんと入ってるしw(コストコだな~

 

すでに、実食したという夫の知り合いの方によると

「全部かけないほうがいい!」というソース。。

 

こちらをまずは味見をしました!

 

にんにくのコクと酸味と青唐辛子やタバスコのようなあの辛さを感じ

ホットなソースです。

 

やや控えめにスプーンで回しかけてみます。

 

 

やっぱりこの見た目!!

ソースをかけてますます好みです。

 

 

さ、もう今日は、容器のままでも素敵なコストコセビーチェの準備完了

いただいてみよ!

 

コストコデリ、セビーチェを実食

 

魚介がたっぷりです!!

海老もサーモンも、大きい!!

海老から食べてしまったタイプです。笑

少し、ハラペーニョのような辛みを感じるソースが海老にもサーモンにもよく合います。

ただ、大人の刺激は蓄積されます!

 

安定のアトランティックサーモン。美味です。

そして個人的に、このシーアスパラガス、

パンチが効いています!!

知りませんでしたが、海辺に生息しているため、塩味があります。

 

結構、塩味強いです。

 

このセビーチェ全体のちょっとドライな印象を作っているのはこのシーアスパラガスのような気がします。

シーアスパラガスのセビーチェソースをつけると

私などは

 

ちょっと辛い!

水飲みたい!

 

となりますw

 

シーアスパラガスの塩気が、全体のドライなイメージを後押ししてます。大人向けですね。調べるとシーアスパラガスの栄養は豊富のようですよ!でも少し、しょっぱいかなあ

 

で、そんなタイミングでいよいよ登場の

マンゴー!!!

 

もう、食べて納得

 

ドライで少し刺激が残る口の中に放り込むと

 

完熟のマンゴーの贅沢な甘さが、すべてを甘い記憶にすり替えます

 

そう、記憶がリセットされるのでまた、海老から始めることができます。

 

なんという計算

マンゴーは必要不可欠・・・

 

ソースの辛さや、シーアスパラガスの塩味を一瞬で、パラダイスにする完熟したマンゴー!!すごいです、マンゴー美味しいです。

そして、セロリと赤玉ねぎが野菜のメインであり、

結構な量入ってます。

ずっとセロリをザクザク噛み続けている感じですw

 

これだけセロリを食べる機会も最近なかったので、エクセレンスは

本当にずっとセロリ食べてましたw

 

もう、爽やかさと刺激と甘みで

ぼおっと食べれるものではありませんよ!!

 

大胆にセロリのざく切りが沢山入っています。野菜はほぼセロリです。セロリをザクザク噛んでいる時間が長いです。

ペルーをはじめとした南米では

国民的な食べ物であるセビーチェ。

 

魚介に生野菜とちょっと刺激的な大人のソース

 

そして、マンゴーがコストコ流でしょうか

 

もうこのドラマチックなセビーチェは・・・

 

酒のアテです

 

エクセレンス、コストコデリ、セビーチェに合うワインを紹介してください!!

 

コストコデリ、セビーチェとワインのペアリング

てつみさんには「終わりなきセロリ」だったようですが、

僕はこういうの好きなタイプで、ずっとぼりぼり、楽しい食感でした。

意外と海外の食文化への許容が高いソムリエエクセレンスの鐵屋です。

海外、早く行きたいですね。

なかなかいけませんが。

 

南米はさすがに遠いですが、

ペルー出身の知人に、以前ペルーの家庭料理は何か聞いたら

セビーチェと即答でした。

そんなセビーチェをコストコで発見したわけです。

 

さっそく、この魚介の入ったセビーチェには、白ワイン、しかも

「海を感じる」白ワインをペアリングします。

 

ペアリングするワインはラ・マレーア アルバリーニョ クリスティ・ヴィンヤード 2019年です

ラ・マレーア アルバリーニョ クリスティ・ヴィンヤード 2019年 モントレー・カウンティ

アメリカカルフォルニアの白ワインです。

当店価格は3,289円です。

 

もうすでに当ブログ記事でも何度かペアリングに登場している僕の「推しワイン」のうちの1本です。

 

スペインにルーツのあるブドウ品種アルバリーニョから造られています。

アルバリーニョは海に近い場所で栽培されていて、フレッシュな酸味と潮味を連想するミネラル感に特徴のあるブドウ品種です。

海の影響を味わいから感じやすく“海のワイン”なんても呼ばれています。

 

海のワインと言うことで海風を影響を受けます。味わいには塩味に加えて、太く逞しい酸味があります。

シーフードと合わせるうってつけの白ワインです。

ラ・マレーアではそのフレッシュで“海”を感じる個性を発揮しながらも、飲み応えのある旨みがのった厚みのあるワインを造っています。

 

ペアリングのポイント

 

シーフードには「海を感じる」アルバリーニョ

これです。

 

セロリの爽やかな香りはワインのフレッシュさと引き合い、

シーアスパラガスと海老やサーモンは、海を感じるワインの塩味と引き合います。

 

 

 

さらに、このセビーチェ、セロリと赤玉ねぎのシャキシャキ、ザクザクした楽しい食感が続きます。

そんなザクザクシャキシャキにはエッジの利いた逞しく力強い酸味があるといいですね。(MLFしていないワイン)

エッジのある酸味のあるワインって?MLFしていない白ワインが最適

 

MLFとはマロラクティック発酵のことで、果汁やワインの中に含まれるリンゴ酸が乳酸菌の働きによって、乳酸と炭酸ガスに分解される発酵のことです。

酸味の味わいに特徴があり、リンゴ酸は溌溂として刺さるような(エッジの利いた)フレッシュな口当たりがあり、MLFによって乳酸に変化すると、角が取れて優しくマイルドになった味わいにかわります。

ここは、MIFしてない、ワインが良いです。

 

セロリのごつごつザクザク嚙み締めるセビーチェは思ったよりも多くの「咀嚼」が必要です。

となると、「豊富な酸味」を必要とします。

 

酸味酸味書くと、とても酸っぱいように感じるかもしれませんが、そういうわけではないのと

このセビーチェの最大の特徴、マンゴーの甘みがアルバリーニョの酸味をマイルドにします。

さらにはワインの酸味でマンゴーの香りと甘みもより際立つほどです、

 

 

本当に、セロリ、食べても食べてもあるんです笑

 

 

☞ラ・マレーア アルバリーニョ クリスティ・ヴィンヤード 2019年 モントレー・カウンティのご注文はこちらから☜

 

セビーチェソースのにんにくのすりおろしのホットな辛味や強い風味に負けることない、

ラ・マレーアが造るアルバリーニョとのワインペアリング

是非、機会あればおためしください。

 

このアルバリーニョ、スパイシーなフードにもぴったりです。

キーマカレーとワインのペアリング|男飯

 

そして、コストコデリのアヒージョともペアリングしています!!

コストコのシーフードアヒージョとワインのペアリング

 

 

コストコデリの魅力は

普段の家庭料理ではなかなか味わえない、ダイナミックさ

そして、つい食べたくなってしまう、圧倒的ビジュアル・・・

 

ワインに合いそうなものも本当に多いので

また、試してみたいと思います!

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

では、また。

 

 

 

 

Instagramアカウントは↓QRコードまたはURLからアクセスできます。

是非フォローお願いいたします!

https://instagram.com/tetsuya_wine_selections

 

 

 

 

=====================================================

TETSUYA WINE SELECTIONSのレシピブログにご訪問いただきましてありがとうございます。

当ショップでは、

・夢のために共働きをしている

・本当にコンディションの良いワインが好き

・おうちご飯が好き

 

・料理が好き

・人生をもう少し、楽しみたい

・愛が大切だと思う

・コストコとかも大好き

1つでもあてはまるあなた、そんなあなたに、『本当に美味しいと思えるワイン』をお届けしたいと、ソムリエエクセレンスが真剣にワインをセレクトしています。

そしてリアルな鐵屋家の家庭料理を曝け出し、ソムリエエクセレンスが本気でペアリングを行うブログです。

驚くほど、リアルな家庭料理で恐縮です。

当店の肝、「家庭料理と寄り添うワインペアリング」と

ワインのコンディション(輸入保管状態)に異常なまでにこだわりつづけてきた、ソムリエエクセレンスのワインセレクションをご堪能いただく入り口になりますよう記事をお届けしていきたいと思います。

是非、まだ本当にワインが美味しいと思ったことが無い方は、一度ご相談くださいませ。

 

ワインに興味はあるけれど、

ワインって面倒くさい

ワインって高い

ワインってわからない

ワインってださい

 

そう思っているあなた、

こっそり当ショップで、ワイン初めてみませんか?

===========================================================